プラセンタの副作用や危険性って本当のところどうなの?

プラセンタの副作用や危険性って本当のところどうなの?

美肌やアンチエイジング効果のある美容成分であるプラセンタは、医薬品として使用されているようにその効果は本物。疑う余地がありません。


しかし、人間あるいは馬や豚の「胎盤」から抽出したエキスが原料ということで、変な病気に感染したり、おかしな副作用がでるのでは?という心配もあって 興味はあるけれど、実際使うのはちょっと怖いと躊躇している人は多いのではないかと思います。


結論からいうと、プラセンタを注射したり、サプリを飲んだりすることで大きな問題がでるということはありません。


人気のプラセンタ注射にかぎって話をすれば、過去50年間にわたり、年間1,000万本以上使用されてきましたが、これまで1度たりとも重篤な副作用につながったケースはないそうです。なので、危険ということはまずないといえると思います。


しかし、「ニキビができた」「生理が早く来た」「体が熱くなり、汗がすごい」という話を耳にしたことがあると思います。 実際こうした症状がでることは確かにあって、そのためプラセンタの副作用と考えてしまう人もいるんですが、それは大きな勘違いです。

プラセンタの副作用と好転反応

プラセンタの副作用と好転反応

プラセンタを注射したり、サプリを飲んだらこんな副作用がでたというものを簡単にですが、並べてみると


要チェック 生理時の出血量が多くなる
要チェック 夜明け前に目が覚める
要チェック 発汗
要チェック ニキビ、吹き出物ができる
要チェック 生理が早くくる
要チェック バストが張る
要チェック 妊娠しやすくなる
要チェック 発疹・痒み・赤みがでる


といったものがあります。


こうしたいつもと違う症状がでると、すぐに「副作用だ!」と思ってしまうのが普通ですが、これらの症状はプラセンタの副作用というよりも、 好転反応(=瞑眩現象)と呼ばれるものがほとんどで、細胞の新陳代謝が活発になったり、造血作用や血行促進作用が活性化した結果としてでてくる症状なんです。


また、プラセンタに含まれるタンパク質に反応して発疹・痒み・赤みがでることがごく稀にありますが、プラセンタ自体にアレルギーの反応を抑制する免疫寛容性という作用があるので、それもしばらくすると落ち着きます。


ただ、好転反応といってもあまりにも気になるようであれば投与したり摂取するプラセンタの量を減らしたほうがいいと思います。とにかく覚えておきたいことは、プラセンタの副作用といわれてきた症状の多くはむしろ体に効いている証拠ということ。勘違いしないようしたいですね。

プラセンタ注射を打つと献血できなくなるのはなぜ!?

プラセンタ注射とプラセンタサプリはどっちが安全!?

プラセンタ注射だけにある副作用(危険性?)としては注射部位反応という注射した部位に痛みや腫れ、痒みやアザができたりすることがあります。


また、プラセンタではなく、注射針にアレルギー反応を示す人もいるようで、それをプラセンタの副作用と混同してしまいプラセンタは危険だと勘違いしてしまう人も少なからずいるようです。


それからプラセンタ注射をする人は献血ができなくなります。このことがプラセンタの安全性に疑問を抱く理由になっている人も多いと思います。


献血ができなくなるのは、プラセンタ注射の注射剤がヒト由来の胎盤から製造されており、プラセンタ中の血液やホルモン等は完全に除去されているといっても 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の感染リスクを考えると理論的なリスクが0%ではないため、慎重な予防的対応が必要だからです。


ちなみにこれまでプラセンタに関連して変異型クロイツフェルト・ヤコブ病が感染したという報告は一例もありません。ありませんが、まだまだこの病気について解っていないことも多く、 現在の科学的な検査では輸血時に検査ができないため、検査方法が見つかるまでは予防措置として献血制限を受けることになります。


献血制限の対象は注射をした場合のみ適用されるので、どうしても安全性が気がかりだという方は、サプリメントでプラセンタを摂取したほうがいいですね。効果も変わりませんし、そのほうが安心できると思います。

プラセンタ注射とプラセンタサプリ、選ぶならどっち!?

プラセンタ注射とプラセンタサプリ、選ぶならどっち!?

プラセンタ注射はサプリやドリンクなどに比べると即効性に優れている特徴がありますが、効果が持続する時間には限りがあるので、週1~2回程度は定期的に病院や美容クリニックに通う必要があります。


そもそもプラセンタ注射をしたくても通える範囲にそういった医療機関がないという人もいるでしょうし、多忙で通えない、感染症が心配、経済的に厳しい、そもそも注射が苦手という人もいると思います。


プラセンタも継続することが大切になるので、健康増進や美肌・アンチエイジングを目的にプラセンタを利用しようと考えているなら手軽に続けられるサプリメントのほうが適しています。


実感できるまでに時間はかかりますが、効果や安全性といった点では注射もサプリも差はありません。むしろ、プラセンタサプリには、注射した部位の傷みや腫れ、それから注射針アレルギーや感染症のリスクといった心配がないので、安心・安全というメリットを感じられると思います。


プラセンタサプリの選び方ですが、最近は豚に比べてより管理が行き届いており、高品質で安全性と効果に優れた国産サラブレットの馬プラセンタが人気です。@コスメでも評判がよく、90日間の全額返金保証付きでじっくりお試しできる馬プラセンタサプリもあるので興味がある方はチェックしてみてください。


@コスメでも1位だった馬プラセンタサプリ 詳しくはコチラ!
Copyright © 2013 プラセンタの副作用・危険性~注射やサプリの安全性は大丈夫!?· All Rights Reserved·